スポンサーリンク

船釣り 日焼け 紫外線対策の重要性

私が釣りに行く時にもっぱら気にしているのは、日焼けです😃

今時期になってくると、真夏の様なじりじりと焼ける感覚がなくなってくるため日焼け対策を怠りがちになってしまいます🙈

でも、それは絶対ダメ!!!!!

ご存知の方も多いかと思いますが、紫外線は年中降り注いでいるのです😵

しかも、紫外線を4秒浴びると日焼けやシミの元となるメラニンの生成が始まってしまうのです😱😱

そこで、本日は紫外線がどれだけヤバい奴なのかを解説したいと思います🤙

まず、紫外線には種類があり、UVA、UVB、UVCの3種類があります✨

UVCは、オゾン層で吸収され地上には到達しないと言われており、ほぼ悪影響はありません。

UVA、UVBの2種類が敵というわけです😡

その2種類が及ぼす悪影響を簡単にご説明すると、、

・UVA (シワ、たるみ、光老化)

UVAが紫外線の9割を占めており、波長が長く曇りの日など関係なくお家の中や車の窓ガラスも透過して肌の奥の真皮にまで侵入し、じわじわと肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こす原因です。

・UVB (シミ炎症)

波長が短いのがUVB。肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど、生体への影響が強いのです。

肌への作用が強いため、短時間でも肌が赤くなるサンバーン(日やけによる炎症反応)や、数日後に肌が黒くなりシミやそばかすの原因になります。

そして、この2種類の年間紫外線量はこちらです💁‍♀️

たしかに、夏の方が紫外線量は多いのですが、

UVAに関しては、紫外線量が1番多い時期と1番少ない時期を比べても半分を下回る事はないのです😵😵

さらに、人間の老化は、紫外線による光老化が8割自然老化が2割と研究でも明らかになっているのです💦

これは、28年間トラック運転手として働いていた男性の写真🤳

28年もの間、窓から差し込む紫外線ダメージを直撃し続けた顔の左側の方が、老化現象が顕著に表れています💦

衝撃的😱😱😱

なので、いつまでも若々しくピチピチでいたいのであれば、紫外線を完全ガードしなければどんなに良いと言われる事をしても意味がないのです🤙🤙

散々、こんな怖い話をしてしまいましたが、私は紫外線のせいで釣りをやめるなんて選択肢はありません🤪

これから、釣りをしてみたいけど紫外線が嫌すぎるからやめておこうかなと思っている方や彼氏さん、旦那さんに釣りに誘われたけど焼けるのが嫌だから行きたくない、という方も沢山いらっしゃると思います🙈(私も釣りをした事がない友達を誘った時にこの理由で断られました。笑)

こんな悪影響な紫外線のことを考えると、躊躇してしまう気持ちはわかるのですが、

正しい対策方法を知り、しっかりと実践すれば紫外線なんて怖くないのです💓

次回は、私が実践している船釣りでの紫外線対策方法をご紹介したいと思います😊

ブログランキングに参加しています✨

クリックして頂けると励みになりますのでよろしくお願い致します🙇‍♀️

↓ ↓

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

 


北海道釣行記ランキング

コメント