スポンサーリンク

遊魚船でどれだけ魚を釣れば元を取れるのか?

私は、船釣りが多く遊漁船に乗船する際には遊漁船代金を毎回、支払っています✨

そこで、本日は、「何匹のお魚を釣れば、遊漁船代金が浮くのか?」

を考えてみたいと思います😊

価格と魚種は、スーパーを参考にさせて頂きました😁

今回は、餌代やタックル代金は考慮せず、遊漁船代金だけで考えます💓

※カレイ(遊漁船代金3000円~6000円)

マガレイ2枚で大体420円!

ということは、30枚で6400円!!

釣果が良い日であれば30枚は釣れそうです🧡

※ホッケ(遊漁船代金6000円~12000円)

この日は、ホッケの開き一夜干ししか売っていませんでした😃

通常は、安い時は100円で売っています✨

ホッケ狙いで出航している遊魚船はありませんが、色んな釣りの時に外道でホッケが釣れる事があります!

ホッケが大好きな私にはとっても嬉しい外道🥰

ホッケだけで100円と考えても60匹から120匹😱

ホッケが入れ食いで、途中からフルリリースの日もありますが、100匹前後と考えても厳しそう🙈

※イカ(遊漁船代金5000円~12000円)

私がスーパーに行った時間はタイムセール😍❤️

通常1杯500円!タイムセール350円!!

通常料金で24杯で12000円!!!

タイムセール料金で35杯12250円!

私は、まだイカ釣り爆釣の日に当たっていませんが、35杯なら釣れそうです😍

※タラ(遊漁船代金8000円~12000円)

半身で500円!

1匹1000円!!

8匹~12匹。これはいけそう😙💗

さらに、時期によってタチも入っています👏

タラは元が取れそうですね💓💓

※クロマグロ(遊漁船代金15000円~20000円)

もちろん、部位によって値段が違います!

赤身でg1000円前後!

トロ部分でg1800円!!

今年のクロマグロ釣りが出来る時期は30キロ以下はリリースでしたが、30キロ以上を1本釣れればこちらは、完全に黒字💪💗

こう考えると船釣りと言えど、釣れる日と釣れない日があり遊漁代金だけを考えても元を取るのは大変です💦

これに加えて本来は、タックル代金、仕掛けやルアー、ジグ、餌などの道具代金、移動するための交通費もあります😃

それに、もし遊漁船代金の元以上にお魚が釣れても、一度に大漁の同じ魚種を食べられません🙈

ある程度は冷凍庫に入れて置けますが、、、、

結論として、船代金以上に釣り、持ち帰る事も可能だけど、必要な量をお魚屋さんで購入した方が良い✨でした🙇‍♀️

それでも、釣り人には、自分で釣ったお魚を食べられる楽しみや新鮮なお魚を美味しく食べられる特権があります☺️💗💗

何よりも、釣る楽しみを味得る事が1番大切な事です🥰✨✨

ブログランキングに参加しています😃

クリックして頂けると励みになりますのでよろしくお願い致します🧡

↓ ↓

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村


北海道釣行記ランキング

コメント

  1. 齋藤 より:

    タラの白子の写真は助たちですね。つまりスケソウたらの白子です。
    真鱈のたちは助たちよりもう少し高価なはず、もっと大きくふっくらしてます。