スポンサーリンク

電動ジギングのオススメ

道具

私が釣りを始めた頃はまだまだ少なかった電動ジギング釣り🎣(大昔の様に言ってまだ3年目😂😂)

最近でこそ、時々、同船者の方でも電動ジギングを見かける様になりました✨

遊漁船でも電動ジギング、手動ジギングを区別せずにほとんどの船が同船させて頂けます😊

そこで、本日は電動ジギングのメリットとデメリットを記載したいと思います💓

※メリット

・体力的に楽

なんと言ってもまずはこれに尽きると思います😊

私の様な女性や体力に自信の無い方にはオススメです💓

特に釣れない時間の修行の様なジグ振りの時間でも、苦になりません☺️

沖魚釣りなどの深場の場合で竿を振り回していても元気満々💪💓

お魚が掛かった時も電動リールがサポートしてくれるので、巻き上げがとても楽です✨

・手返しの良さ

当たり前なのですが、手動でやるより手返しが良くなります💕

・圧倒的な再現力

釣れた時の巻き上げ速度や水深が表示されるので、同じ巻き上げ速度、同じ水深で釣りをすればお魚が釣れる事が多いです🥰

・釣果が変わる

大物や深場での釣りで手動の場合は、1本釣って休憩、2-3本釣って休憩というルーティンだったのですが、

電動の場合は、休憩がなくなったので釣果が変わります☺️

入れ食いタイムの時は効果絶大です👏💗

・餌付けが無い

生餌が苦手な人等も仕掛けはジグ+針を付けるだけ😙✨

※デメリット

・コスト

電動リール+バッテリー購入をしなければいけないため代金が高額になってしまいます🙈

・たくさん引きを楽しめない

電動で巻き上げてくれるので、手動よりはお魚との格闘の時間が少ないのです😖

私は電動リールで釣りを楽しんでいるのでデメリットが2つしか思いつきませんでした😱

ちなみに、私が3年間使用している電動リールはシーボーグ200Jのこちらです💁‍♀️

ダイワ(DAIWA) 電動リール 19 シーボーグ 200J (右/左ハンドル) (2019モデル)
電動ライトゲームの基準、ターゲットが広がる「SMALL MONSTER2」。ワンハンドで快適に操作が行える「JOGパワーレバー」(シングルはアルミ製)に、海水や異物の浸入をブロックして初期性能を長く維持する防水・耐久テクノロジー「マグシールドボールベアリング」、ハイパワー&ハイスピードの「MAGMAXモーター」を搭載。...

とても扱いやすい、JOGダイヤルを使用している電動リールはシーボーグとレオブリッツの2つだけなのです😍

そのJOGダイアル使用のレオブリッツはこちら💁‍♀️

ダイワ(DAIWA) 電動リール 17 レオブリッツ 200J (右/左ハンドル) (2017モデル)
電動ライトゲームの決定版 「SMALL MONSTER2」。ワンハンド快適操作「JOGパワーレバー」。電撃のパワー&スピード「BRITZモーター」。滑らかに効き続ける「ATD(オートマチックドラグシステム)」。

電動リール、手動リールは好みが分かれるのものだと思うので、これから電動リールにしてみようかなと思っている方は、ぜひご参考にしてみてください💗

ブログランキングに参加しています✨

クリックしていただけると励みになりますのでよろしくお願い致します😊

↓ ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

コメント

  1. ワク より:

    電動リール、密かに興味あります😆

    この事は、御内密に😝笑笑笑