スポンサーリンク

2021 クロマグロ 禁止

先日、R3.8.20に突然発表された遊魚によるクロマグロ採捕禁止について、、

まず、なぜ遊魚者だけ禁止なのだろう?と素直に思いました。

本当に資源回復を目的として切羽詰まっているのであれば、遊魚者だけではなく、漁師さん共々、協力し合うべきではないのかと思ってしまいます。

漁獲枠(釣り人と漁師さん)の記載を拝見しましたが、釣り人の枠は全体の0.1%~0.3%でした。

その0.1%~0.3%だけを禁止し補おうとしても、資源回復が見込めるとは思えません。

遊魚者は遊び、漁師さんはお仕事、という括りの意見もありますが、遊漁船の方もお仕事で生活がかかっている事は同じかと思います。

まるで、海産物は漁師さんの物と言われている様な気がしてなりません。

そして、2021年8月20日に全ての禁止発表。翌日、21日からの実施。

どうしても、その決定事項にもそこに至るまでの流れにも、納得が出来ません。

私は今年からマグロキャスティングを始めたばかりですが、何となく始めてみようと言うよりは、一大決心をして始めました。

キャスティング用のロッド、リール、ルアー、その他の小物、それに加え毎回の遊漁船代金と決して安い物ではありません。

道具を揃え、釣り船を予約しホテルを予約し、それに合わせて予定も組んで、いきなりの釣り禁止令。

クロマグロをキャスティングで釣るという、ステージに立つだけで結構な出費を覚悟しないといけないのは事実です。

前もって告げられていれば私はマグロキャスティングを始めていなかったと思いますし正直、こんなにもお金をかけなかったと思います。

マグロ用品は、シーズンになると手に入りづらくなるため、前もって購入する方も多くいらっしゃるかと思いますが、これからもこの様な形でいきなり規制が変わったりするのであれば、準備段階から躊躇してしまいます。

一釣り人のただの無駄遣いの話に聞こえてしまうかもしれませんが、

釣具メーカーの方も前もって告げられていれば開発、製造のあり方も変えていたと思います。

遊漁船の方も前もって告げられていれば何か対策をする事や選択肢が広がっていたと思います。

宿泊施設の方も前もって告げられていれば何か対策を考え損害が少なくなったかもしれません。

私が思いつく限り、少し取り上げただけでもこんなに被害があり、前もって通知されていれば防げた事があるのではないかと思うとやはり翌日からの急な禁止発表にも疑問を感じてしまいます。

さらに、私は今シーズンで、10回ほどですが釣行チャレンジしました。その10回程度の中でもマグロの跳ねやナブラを見なかった日は一度もありません。出航すれば、少なくとも必ず1度や2度はチャンスがありました。

昔からマグロキャスティングをやっている方の話では、海峡マグロシーズン7月~12月まででナブラを見なかった年もある。最初に1本獲るのに何年もの月日がかかった。

と伺い正直びっくりしました。

現在は、それだけ前に比べるとクロマグロが増えてるようです。

これは漁業関係者さんや、釣り人さんの努力があっての事かもしれないですし、もしかしたらクロマグロの繁殖力のお陰なのかもしれません。

ですが、クロマグロが少しづつ増えてきている事には間違いありません。

もちろん、何かしらの規制を設けなければ、またクロマグロが激減してしまう事は明確なので必要かと思いますが、先ほども述べたように0.1~0.3%の漁獲枠だけを禁止する、この決定事項はクロマグロを増やそうとするには遠回りなやり方だと思ってしまいます。

ただ、マグロ釣りを続けていきたいから文句を並べている様に聞こえる方もいらっしゃるかもしれませんが、

どこを取り上げても何一つ納得ができる事がありません。

禁止発表から約1週間が経ち、その間に色々な事を調べたり考えたりする時間がありましたが私のマグロ釣りに対しての考えや今思う事でした。

禁止事項が決定した以上、しっかりルールを守っていきますが来年からはもっと平等で納得がいく規制を設けてほしいと切実に願っております。

正直、釣り歴も浅ければマグロキャスティングを今年に始めたばかりの私がこの様な記事を書く事は、生意気だろうし賛否両論がある事なので迷いましたが、短い間ですが真剣に取り組んできた事で、今までマグロに関する記事を沢山あげてきた中でいきなり一切マグロ釣りに関する事を書かなくなるのも何か違うと思い今回は少し長くなってしまいましたが書かせて頂きました。

こちらの記事はあくまで、私個人の考えや思いなのでお読みになり不愉快な思いをなさった方がいましたら申し訳ございません。

 

コメント

  1. Red band rainbow より:

    激しく同感します😤
    去年から予約していた海峡釣行もマグロを狙う事もキープする事もできないなんてガッカリです😭
    自分も今年から本格的に始めて、去年からタックルをコツコツ揃えてやっとステージに立てるって時に規制かかるとか😩
    こんなのが毎年あるようならマグロ釣りは辞めようと思う位です。
    MOMOさん何とかして下さい笑笑

    • turimomo turimomo より:

      おはようございます✨
      共感して頂ける方がいて安心しました🥰❣️
      前々から下準備をしてきた分ショックも大きいですし、この決定のあり方にも落胆してしまいますよね😣
      悲しみに暮れている日々です🥲🥲笑
      来年はこの経験、時間、お金が少しでも活かせる状況になってくれる事を願っています☺️❤️

  2. ワク より:

    こんばんは😊

    自分も、同じく激しく同感です😤

    今年、初クロマグロチャレンジを目前で絶たれました😭
    1年前からの計画が全て水の泡です。
    只、今回がダメだからと言って直ぐに諦められる程、いい子ちゃんじゃないので、来年の早いシーズンに予約取りました。
    キャッチが許される期間が有るなら、その間に必ず獲ってやろうと思います😤
    少しは、アングラーに優しくなってくれるといいですね😅

    • turimomo turimomo より:

      おはようございます😊
      初チャレンジ前にこの様な状況になってしまうなんてひどすぎます🙈
      こんな形で決まってしまった規制に諦めがつかないのは当たり前ですよね!
      来年こそは納得がいく状況でマグロ釣りに挑戦したいですね✨✨

  3. koji より:

    私はマグロを狙った釣りはしませんが、これに関しては私も言いたいです。
    ちょっとちょっと調べれば何が原因でクロマグロの個体数が増えないのかすぐわかるんですけどね。
    産卵期を狙う大手水産会社(マル〇ニチロ、二ッ〇イ)の巻き網船の乱獲が一番の元凶なのは明白なのに、色々な利権が絡んでいるようで、、、、
    取れすぎて運搬船に乗らない魚は廃棄するとか、おかしなことだらけ。
    釣り人への規制よりも巻き網漁の廃止、これが一番です!

    • turimomo turimomo より:

      こんばんは✨
      現状、この様に不当な理由で規制が厳しい事が本当に残念でなりません。
      遊魚者のマグロ釣り禁止について、同じく如何わしいと感じる方がいて少しほっといたしました。
      ブログでは詳しく書かなかったのですが、思っていた事をコメントして頂けて嬉しいです😊
      ありがとうございます🙇‍♀️
      来年は、公平な判断のもと規則が決まってくれる事を心から願っております。

  4. 武田 より:

    今回の決定は水産庁としては
    遊魚者=枠一杯釣りました。
    漁師さん=船まで上げしたけど途中で廃棄しようが、ぶん投げようが、今の所、当初決めた漁獲枠に達して無い為、大丈夫です。
    という簡単な認識だと思います。
    その漁獲枠もどうやって決めたのか大変不透明ですが。。

    ただ、20日発令21日から実施って、もう日本も中国か北朝鮮みたいになったのか?と思いますね(笑)

    • turimomo turimomo より:

      こんにちは✨
      生き物が相手な事なので仕方がないのですが、簡単な認識からキャッチアンドリリースすら認められず全面禁止になってしまった事がとても残念です。
      禁止発表の翌日から実施という流れは唐突すぎて納得がいきませんよね。
      漁獲枠も含め、来年以降はもっと明確で納得がいく規制になっていってほしいと思っています😊